犬 しつけ
スポンサードリンク

2007年05月15日

犬のしつけ〜いたずらしつけ〜

◆爪を切りましょう。
 爪を切らないと 引っかく能力が上がってしまいますので。

◆夢中になれるオモチャを与えましょう。
 夢中になって長く遊べるオモチャが理想的です。
 ペットシーツは一番身近なオモチャになってしまいますので、トイレシートよりも魅力的で楽しいと思ってくれるオモチャでなければなりません。

次に、いたずらをさせない為に「遊んでいいものと悪いもの」の区別を付けさせましょう。
口にくわえたものを叱りながら取り出す
家の中には、口に入れてはいけないものや汚されたくないものなどがたくさんあります。
遊んでいいものと遊んではいけないものをしっかり区別させましょう。
とくにビニール袋やティッシュなどはお腹の中で溶けないため、体に異変を来たすこともありますから、注意が必要です。
いたずらのやめさせ方は、何かいけないものを口にくわえたら、しっかり顔を持ち、口にくわえたものを叱りながら取り出します。
「こら!」 「だめ!」などとはっきり叱ります。口から取り出し、目を睨んでしっかり叱った後、ゆっくり褒めます。
口にくわえると叱られ、くわえなければ褒められると教えるためです。
いたずらをしなくなったらすぐに褒めるいつまでもいたずら癖が直らないのは、このまま叱りっぱなしにしたときです。
早くいたずらをしなくさせるには、この後、もう一度そのいたずらしていたものを顔の前に置きます。
また、くわえたら、すかさず取り出してしっかり叱ります。
取り出した後、ゆっくり褒めます。そうして、もう一度顔の前に置きます。
何回か繰り返していると、そのうち顔の前に魅力的なものが置かれても遊ぼうとしなくなります。
ときには、ことさらにそのものを見ないような仕草もします。このときに、すかさず褒めてあげてください。
今までしていたいたずらをしなくなった途端に褒めるのです。
そうして、いたずらをすると叱られる、しなければ褒められると教えていきます。
褒めてこうすれば褒めてもらえるということをしっかりと理解してもらいましょう。
まずいたずらをさせないようなしつけが最優先ですね。
それでもペットシーツにいたずらしてしまう場合は、ペットシーツを取り出せなくさせる方法がとしては、ペットシーツホルダー自体に、粘着テープを貼る。
水洗いで粘着力が持続するテープが経済的です。などです。
posted by 犬 しつけ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3994339

この記事へのトラックバック