犬 しつけ
スポンサードリンク

2007年05月15日

犬のしつけ〜ハウスしつけ〜

犬が家に来た日から、ハウスの中で寝かせるくせをつけましょう。
最初はクーン、クーンとなくかもしれませんが、無視してください。
最初は、ハウスを眼の届く寝室に移してもかまいません。
しばらくすれば、たいていは、鳴き疲れて寝てしまいます。
いざと言うとき【犬嫌いのお客さんが来たときなど】犬が抵抗なくハウスに入ってくれるように、日ごろからハウスの中で過ごす週間をつけましょう。
いつも愛犬の動きを監視している必要がなく、愛犬、人間それぞれに自分の時間をもてるというメリットも得られます。
遊ぶときはハウスからだし、疲れたら、ハウスで休ませます。
ハウスに抵抗を示すときは、日ごろからハウスの中に、おやつやおもちゃなどを入れておきましょう。
常にハウスを清潔にしておくことも大事なことです。
「ハウスの中が、快適だと思わせる工夫が必要です。
ハウスができると愛犬を連れてどこか知らない場所へ行った時もハウスの中で落ち着いていられます。
家で留守番させる時もいたずら防止、万が一の事故防止にもなります。
ハウスに入れておけることで運転中の事故防止にもなります。
家族と少しの間はなれて過ごさなくてはならないとき、入院やペットホテルでの宿泊もストレスなくすごせます。
ハウスでおとなしく過ごせる、ということは人間にとっても、犬にとっても快適に過ごすことにかかせないものだと思います。


posted by 犬 しつけ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3994336

この記事へのトラックバック